通信講座や独学で学ぶ

エステティシャンになる最も早い方法は専門学校や養成スクールに通うことです。しかし授業料の捻出が難しかったり別の仕事をしていて時間が取れない人や、地方に住んでいて通えるスクールが近くに無いという人もいるでしょう。その場合、通信講座を受講するか、独学で勉強をする方法があります。

通信講座はテキストを使った自宅学習で理論を学び、実技面はビデオを使って学習をしてスクーリングで技術を習得するものもあります。コースは半年程度で修了するものが多く、費用面も抑えられますが、実技のためにスクーリングが必要なコースでは別途実習費用がかかります。講座を選ぶ際には費用がかかりますが、スクーリングで実技指導を受けられるものを選びましょう。エステティシャンに必要な手技を定期的に指導してもらえるサポート体制があるところをお勧めします。

独学で学ぶ場合、費用を最も抑えられますが困難を伴うことは覚悟が必要です。未経験者で採用された場合、最初のうちはアシスタントのような雑務が中心になるかと思います。エステティシャンという仕事は美容の専門知識や用語、施術の技量、機器の扱いの他にお客様とのコミュニケーションまで学ぶことが多く、体力的にも厳しいです。研修では専門用語が飛び交う中で対応を迫られることもあるので、ある程度の美容に関する知識や用語は勉強しておきましょう。

専門のスクールへ通う

エステティシャンになるために、一番早い方法は専門学校や養成スクールへ通うことです。日本でエステティシャンを名乗るのに、公的な資格の取得は特に必要ありません。したがって、全く経験の無い人でも育成目的のため採用してもらえるサロンもありますが、美容に関する専門の知識を幅広く得るためには専門学校や養成スクールで学んでおいたほうが有利であり、即戦力として活躍できます。

最近ではエステに痩身や美顔だけでなくリラックス効果を求めて来る人も増えており、エステの施術内容も多様化しています。そのため、一口にエステティシャンの専門学校や養成スクールと言っても様々なコースがあり、受講期間や費用も大きく異なります。通いながら3ヶ月~半年で修了するものや、1年~2年かけてじっくりと学べるコースまであり、1年かけて通う場合には入学金なども含めて150万円以上かかることを覚悟しなければいけません。しかし、就職までしっかりサポートしてくれる施設であれば卒業後すぐに働く事も可能です。また、民間の資格を取得すれば就職や転職時に有利になります。

エステティシャンはサービス業のため、施術の技量はもちろんのこと、お客様に対するホスピタリティも必要になります。土日や夜遅くまでの勤務もあり大変な仕事ではありますが、エステサロンの増加や多様化によりニーズも注目度も高まっている職種です。

参照ページ《http://www.refeat-school.jp/》

エスティシャンを目指す

エステを仕事とするエスティシャンになるためには、必要な工程を進んで行く必要があります。しかし、これから目指したいと考える方の中には、どうすれば良いのか分からないという事もあるはずです。当サイトでは、エスティシャンになるために必要な情報を紹介します。

エスティシャンになるために効率的な方法として、専門学校などのエスティシャンを養成する学校に通うのがおすすめです。国内では必要な資格というのがないため、未経験の方であっても、採用してくれる店舗はありますが、やはり経験があったり、特定の学校に通っていたりする方が有利になる事は間違いありません。さらに、直接的な資格はなくても、関連する資格はいくつもありますので、そのような資格を取得されるというのも一つの方法ではないでしょうか。

ただ、学校に通うといっても、仕事をしていたり、学校に通っていたりする場合には、そのような時間を確保できないという事も多いはずです。そこで便利なのが通信講座を利用する事です。教材を使って理論などを学ぶ事から始まり、実技のやり方についても、動画で学習できるものもあるため、エステに関する知識をしっかり得る事が可能です。もちろん、講座を受けるには費用はかかってしまいますが、将来的にエスティシャンになりたいと思われているのであれば、勉強してみても良いのではないでしょうか。エスティシャンになるための情報を当サイトでは紹介しているので、気になる方はぜひ、チェックしてみてください。