専門のスクールへ通う

エステティシャンになるために、一番早い方法は専門学校や養成スクールへ通うことです。日本でエステティシャンを名乗るのに、公的な資格の取得は特に必要ありません。したがって、全く経験の無い人でも育成目的のため採用してもらえるサロンもありますが、美容に関する専門の知識を幅広く得るためには専門学校や養成スクールで学んでおいたほうが有利であり、即戦力として活躍できます。

最近ではエステに痩身や美顔だけでなくリラックス効果を求めて来る人も増えており、エステの施術内容も多様化しています。そのため、一口にエステティシャンの専門学校や養成スクールと言っても様々なコースがあり、受講期間や費用も大きく異なります。通いながら3ヶ月~半年で修了するものや、1年~2年かけてじっくりと学べるコースまであり、1年かけて通う場合には入学金なども含めて150万円以上かかることを覚悟しなければいけません。しかし、就職までしっかりサポートしてくれる施設であれば卒業後すぐに働く事も可能です。また、民間の資格を取得すれば就職や転職時に有利になります。

エステティシャンはサービス業のため、施術の技量はもちろんのこと、お客様に対するホスピタリティも必要になります。土日や夜遅くまでの勤務もあり大変な仕事ではありますが、エステサロンの増加や多様化によりニーズも注目度も高まっている職種です。

参照ページ《http://www.refeat-school.jp/》